WEBアプリの作成

投稿者: | 2017年11月8日

raspberry pi(linux) CakePHP でWEBアプリを作ってみます。
サンプルとして顧客管理システムを作成します。
主なものとして次の機能の実装を予定しています。
1 顧客情報、対応履歴
2 ユーザ管理・ログイン・アクセス権の設定
3 IP-PBX Asteriskと連動し、発着信履歴、着信時に顧客情報をポップアップ表示

CakePHPはウィキペディアでは次のように紹介されています。
CakePHP(ケイクピーエイチピー)とは、PHPで書かれたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークである。先行するRuby on Railsの概念の多くを取り入れており、Rails流の高速開発とPHPの機動性を兼ね備えたフレームワークと言われている。MITライセンスの元でフリーで配布されている。

CakePHPはbakeというコマンドがあり、規約に従ったテーブルを作成すると、このコマンドを実行することでModel、View、Controllerの基本的なファイルを生成する事ができます。
一覧、表示、編集、追加、削除機能が実装できます。
このままでも、十分実用的ですが、デザインを変更したり、機能を追加すると、市販のWEBアプリと見紛うようなアプリが作成できます。
CakePHPについての詳細は他の記事を参照して下さい。

今回はbakeで利用されるテンプレートをカスタマイズして、標準の機能より高機能なページを短時間で作成できるようにします。
動作環境として、RaspberryPIについて紹介しますが、CakePHPの環境が構築すれば、他のlinux,Mac、windowsでも同様に作成できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA