ラズベリーパイ」カテゴリーアーカイブ

Raspberry Piの固定IPアドレスの設定

Raspberry Piはインストールした段階ではDHCPでアドレスを取得するようになっています。
IPアドレスを固定化する設定は/etc/network/interfacesファイルを変更するとの記載のHPを多く見かけますが、Raspbian Wheezyではできるようですが、Jessieでは出来ないので以下のようにします。

/etc/dhcpcd.confに以下を付け足します。

interface eth0
static ip_address=IP Address/subnetMask
static routers=GateWay Address
static domain_name_servers=DNS address

例)
interface eth0
static ip_address=192.168.0.254/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

補足
/etc/interfacesには以下の記載があります。
# Please note that this file is written to be used with dhcpcd
# For static IP, consult /etc/dhcpcd.conf and ‘man dhcpcd.conf’

なので、dhcpcd.confのmanを見ると次のような記載があります。

static value
Configures a static value. If you set ip_address then dhcpcd
will not attempt to obtain a lease and just use the value for the
address with an infinite lease time.

Here is an example which configures a static address, routes and
dns.
interface eth0
static ip_address=192.168.0.10/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

Here is an example for PPP which gives the destination a default
route. It uses the special destination keyword to insert the
destination address into the value.
interface ppp0
static ip_address=
destination routers

HDMI VGA 変換アダプタ を使う

amazonで購入した、「UGREEN HDMI VGA 変換アダプタ 1080P 3.5mm ステレオ音声出力 TV Stick対応 Micro USB給電可能 Active式」
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00NBUTHJG/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1
をRaspberry PIで利用できるように設定します。
/boot/config.txtを編集します
$sudo /boot/config.txt
17インチのVGAモニタの場合ですが下記を追加または変更します。

hdmi_force_hotplug=1
hdmi_ignore_edid=0xa5000080
hdmi_group=2
hdmi_mode=16
hdmi_drive=2

解像度が異なる場合modeを変更します。
modeについては
https://elinux.org/RPi_Configuration
を参照して下さい。

Raspberry Pi -RASPBIAN- のSwapを無効にするメモ

スワップはSDカードに負担をかかるので停止したい時の方法です。
RaspbianではSwapの制御は/soin/dphys-swapfileで行っているようなので、
$ sudo dphys-swapfile swapoff
でスワップを停止します。
/soin/dphys-swapfileは自動起動されるよう設定されているので、ラズパイを再起動するとスワップが復活してしまうので
$ sudo insserv -r dphys-swapfile
で自動起動しないようにします。
再起動
$ sudo reboot
freeコマンドで確認して以下のような表示になれば成功です。
$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 945516 909268 36248 35488 44100 634456
-/+ buffers/cache: 230712 714804
Swap: 0 0 0

※WEBアプリを運用するには、結局SDカードに負担がかかるため外付けのHDDを利用したほうが良いと思います。